image

スマートシティ管理

スマートシティは、テクノロジーではなく人を中心に構築されるべきです。当初から、優先事項は、人々の生活をより簡単に、より生産的にする、協調的で持続可能なソリューションを構築することでした。 @Assist Tomoは、スマートシティをスマートコミュニティに変える、人を第一に考えるソリューションです。

また、大学や企業のキャンパスだけでなく、より賢い選択をしたい現在の都市でも使用できます。

image

Tomoとは何か?

@Assist Tomoは、クラウドベースのスマートシティ管理ソリューションであり、情報通信技術(ICT)に対する⼈々のことを⼀番に考えたアプローチを採⽤しています。 TomoはIoT、インフラストラクチャテクノロジー、その他のスマートテクノロジーに接続し、都市のリーダーに都市に関する情報に基づいた意思決定と改善を⾏うために必要なデータを提供し、都市住⺠に情報に基づいた意思決定と改善を⾏うために必要なデータを都市住⺠に提供します、彼らの家、そして家族。

image

Tomoはどのように働くか?

典型的なICTソリューションはセンサーに接続して、リアルタイムイベントの有益なダッシュボードを提供します。これは、今何が起こっているのかを⾒ることができることを意味しますが、それ以外のことはできません。

Tomoのアプローチは、複数のデータポイントを接続して、現在何が起こっているのか、なぜ起こっているのか、過去に何が起こったのか、将来何が起こると思われるのかを、推奨されるアクションステップとともに⽰します。この追加情報は、都市が積極的に活動するのに役⽴ち、貴重なリソース、お⾦、時間を節約できます。住⺠はまた、光熱費を削減し、時間と効率を最⼤化する予測と提案により利益を得るでしょう。

image

Tomoは何が違うのか?

ICTソリューションは、多くの場合、各都市が⼤きく異なるため、展開ごとにカスタムビルドする必要があります。この分野の競合他社のほとんどは、テクノロジーを展⽰するコンセプト都市を作成しようとしている⼤規模なテクノロジー企業です。そして、それらの会社はICTに対してもこのアプローチを取るか、ICTを完全に忘れてしまいます。 @Assist Tomoは、最も重要な都市資源である⼈々を中⼼に構築された最初のICT製品です!Tomoは⼈のために構築されているため、カスタムビルドのソリューションを必要とするという制限を排除しました。つまり、迅速な展開、柔軟性の向上、と技術決定の制御の強化を意味します。

background

政府にとっての利点

@Assist Tomoは市の組織が渋滞、スマートグリッドの管理、天候に左右されるイベントの計画、救急サービスを管理すること等を手助けします。また都市設計家がそれぞれの部門データを蓄積し、都市の成長と繁栄の為により良い決断をする手助けをします。コミュニケーション、リアルタイムアラート、データ処理と報告、分析と予測分析、支払いという機能もあります。都市につながれると、Tomoの簡単なAPIはそれぞれの都市の特定の需要にあうようさらに発展していきます。

お問い合わせ

住民にとっての利点

Tomoは、住人が自分の使いたい技術を選ぶ自由、自分の情報がどこへ送られ、どのように使われるかを把握できることを確約します。住人は彼らの家においても、最も費用の節約につながる選択をすることが確約され、日常業務の改善、駐車場の検索、地域の緊急事態の際には警告をうけることも出来ます。

お問い合わせ
image

よくある質問

  • Tomoは収集したデータを所有していますか?

    いいえ。@ Assist Tomoは、透明性とデータプライバシーを考慮して設計されました。 Tomoの各展開は独立しており、Tomoが保存するデータは暗号化されています。 @Assistは広告を販売せず、このデータを第三者に販売しません。

  • データはどこに保存されますか?

    これは都市によって異なりますが、通常、データは@Assistサーバーに保存されます。可能な場合は、ローカルサーバーを展開都市に使用します。 @Assistのサーバーはカナダにあります。

  • Tomoはスマートシティ専用ですか?

    @Assist Tomoは、新しいスマートシティの開発、現在の都市でのスマートな要素の追加、大学や企業のキャンパスに使用できます。また、都市の特定のエリア(廃棄物管理、エネルギー管理 / スマートグリッド管理、補助金付きまたは政府住宅など)の管理にも使用できます。

お問い合わせ

最近のブログ記事

Planning to Add Tenants in Edmonton? Use Property Management Software to Keep Yourself Organized In August 2019, the City of Edmonton passed some sweeping changes to its zoning bylaws.

Now, property owners can have both a basement suite and a garden suite on the same lot. This opens up more opportunities for expanding affordable ...
4 Ways Property Management Software Can Help Your Condo Board Managing a condo board isn’t easy work.

You have requests coming in from all sides, all while trying to keep on top of your budget and making your community a clean, welcoming place for new owners.

Keeping track of everything ...
TomoがKyoto Smart City Expo 2019にICTソフトウェアを出展 @Assistは、Kyoto Smart City Expo 2019でスマートシティ管理ソフトウェアTomoを展示することを発表しました。10月3日から4日、午前10時から午後5時まで、京都のけいはんな学研都市で開催されます。

このイベントは、「持続可能で住みやすい未来を創造するための地域と産業」に焦点を当てています。スマートシティ管理への人々第一のアプローチにより、スマートシティをスマートコミュニティに変えるというTomoの目標と一致しています。Tomoは、IoTデバイスとインフラストラクチャと統合して、都市や政府や住民に情報に基づいた意思決定と改善を行うために必要なデータを提供することにより、さまざまなスマートテクノロジー間のギャップを埋めます。

Tomoの最大のメリットの1つは、使いやすさを重視していることです。ユーザーエクスペリエンスに焦点を当てることで、Tomoは、人々の生活をより効率的かつ生産的にするコラボレーション環境を作成します。ICTへの独自のアプローチにより、住民と政府は、家庭、家族、都市に対してより良い意思決定を行う機会を与えられます。

2018年、17の国連持続可能な開発目標(SDG)の1つ以上と整合する、持続可能性に焦点を当てたスタートアップを認識することを目的に、スペインで開催された世界初のデセレラレータ(アクセラレータの反対)、メノルカミレニアルズ(現在はデセレラ)に参加しました。その後、Tomoは東京の日本支社を拡大し、カナダ大使館との「Alberta Smart Cities Trade and Investment Attraction Mission(アルバータスマートシティ貿易投資誘致ミッション)」に参加し、ベトナム、台湾、日本での新しいビジネスチャンスを模索し、2019年に「Smart City Summit & Expo」と「Japan IT Week Spring Part 2」に出展しました。

@Assistは、国際関係を確立し、より良い明るい未来のために協力する人々とテクノロジーの重要性を強調することにより、グローバルリーダーとして認められるように努力しています。Tomoの詳細については、ブース1-314にお立ち寄りください。

ご質問やご意見がありましたらご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

 

更新などについてはフォローしてください

@atassistをフォローして